LINE Pay カードの使い勝手が良い

LINE Pay(ラインペイ)。 概念的には、電子マネーという認識で大丈夫です。 口座(アカウント)を作って、お金をチャージし、その分だけ使えます。 私が便利と思う点は、以下の通りです。 支払いはLINE Payカード(プリペイド式クレカ)をレジで出すだけで良い 残高はLINEで確認できる ポイント還元率2%で、お得感がある 貯まったポイントをすぐに現金(残高)に変えられる 割り勘機能とかもあるんですが、使ったことないので。。。

ビットコインを取引してみた

今まで手は出していなかった、ビットコイン取引。 ビットフライヤーで口座を作って、2000円程度の取引をしてみました。 触ってみないと実感が沸かないですからね。 ちなみに仮想通貨という呼称は、個人的には少し抵抗があります。 仮想ってどいういうこと?って思ってしまうから。 ※法定通貨ではない=仮想通貨と言っているのであれば、私通貨とか私鋳銭に近い気がするので。 投資対象としては、個人的にはまだちょっと怖いですね。 でも、仮想通貨自体は一過性の流行りでは終わりそうにない感じがあります。 毎月少額ずつ積立購入というのは有りかなぁと思っています。 ビットコイン等の仮想通貨の技術ベースになっている、ブロックチェーン。 ブロックチェーンの仕組みは、しっかり理解していきたいですね。 先日恩師に紹介してもらった書籍↓を購入済なので、少しずつ読んでいきます。

トンチン年金

長生きに備える年金保険。 そのなかでも、長生きすればするほど得をするように設計された年金保険を、トンチン年金と呼ぶらしいです。 私は、最近知りました。 各保険会社からも、トンチン性の高い年金保険が続々と出ているようです。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO07186850T10C16A9945M01 集団内で掛金を集め、最終的に長生きした人で山分け、みたいなイメージですね。 ただ、国民年金・厚生年金自体が、長生きすればするほど得になる設計なので、既にトンチン性があると言えます。 65歳ではなく70歳からの繰り下げ需給を申請すれば月額給付金が加算されるので、トンチン性を高めることもできます。 よっぽど手元資金が余っていれば契約してもいいかもしれませんが、個人的には無理して入るほどのものじゃないなぁと感じました。 一般論として、お金が手元に欲しいけど収入確保が難しい年代というのは、おそらく60~70歳前後かなと感じます。 私が60歳になる頃には、仕事に関して、世の中はもっと変わってる気もします。 どんな世の中になっているのだろう??